笠間焼の「彩初窯市」開催!!

IMG_0407IMG_0405IMG_04092kas00602kas00612kas0065

新年恒例になった茨城県の笠間焼「彩(いろどり)初窯市」を覗いてきました。市笠間工芸の森公園笠間工芸の丘を会場としたイベントです。 規模は、それほど大きなものではないですが、沢山の買い物客がでていました。 特徴がないのが笠間焼の特徴と云われていますが、新規性あるやきものが並んでいました。 
今年も各地の窯場を訪ね特徴ある酒器ぐい呑を紹介いたしますので、本年も宜しくお願いします!!

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

日本六古窯の一つ歴史あるやきもの・常滑焼(愛知)!

IMG_9814IMG_9789IMG_9798IMG_97914tok00584tok00614tok0056

愛知県の知多半島伊勢湾に面した常滑市に常滑焼があります。 日本で本格的なやきものとされる中世六古窯の中で最も古いやきもので信楽焼や丹波焼の発展に影響を与えたとされるのが常滑焼です。 国の伝統的工芸品に指定されている伝統あるやきものですが、今では、朱泥の急須が代表的な製品ですが、伝統技法を受け継いだものから新しい挑戦的なものまで多彩な製品を楽しむことができます。
名鉄常滑駅から徒歩10分ほどのところには、明治時代に土管(陶管)を大量に焼いた大きな登り窯や煙突などの名残を感じることができる一角があります。 ここでは、「やきもの散歩道」が整備され昔の繁栄に想いを馳せることができる焼却窯や煙突、工房をそのまま利用した窯元の展示場などを見て回ることができます。 
写真は、土管坂、陶栄窯(8連房式登り窯)、煙突群、趣ある工房群など・・・

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

関東の代表的やきもの・益子焼(栃木)!!

IMG_9196IMG_91972mas0073_12mas0075_12mas0069

関東でのやきものの代表格は、栃木県にあり国の伝統的工芸品に指定されている益子焼です。 昭和初期に興った民芸運動の陶芸家濱田庄司(人間国宝)が最後に移り住み発展させたやきものです。 今では、その当時の民芸調の香りが漂う伝統技法のやきものから新しいモダンなやきものまで多彩なやきものを楽しむことがでます。
写真は、浜田庄司が創作活動の拠点とした移築した旧宅と復元登り窯、益子焼のぐい呑!!

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

日本の六古窯 !

4tok00314set0071_13ech0067_15shi0034_15tan0145_16biz0085_1

先日まで東京国立博物館にて縄文時代の出土品を多数展示する展覧会が開催されていましたが、日本のやきものの歴史は、世界的に見ても古いものがあります。 中国や朝鮮などに大きな影響を受けながら、現在では、世界に類がないはどの多様性あるやきものが全国で見ることができます。この発展の中で、特に平安時代後期から室町時代が重要な時期になります。 全国に沢山の窯が起こり活動していましたが、そのほとんどが活動を停止してしましました。 その中で、愛知県の常滑焼、瀬戸焼、福井県の越前焼、滋賀県の信楽焼、兵庫県の丹波焼、岡山県の備前焼は(写真順)、今日でも活動していますので、「六古窯」と呼ばれています。
世界的には、施釉のやきものの発展が目覚ましい中、日本の六古窯は、ザックリ云うと素朴な無釉のやきもので瀬戸焼だけが施釉のやきものになります。今では、古い伝統的な技法を下に挑戦的な新しいやきものも提案されています。 これも歴史の一頁になるのでしょうか・・・
こんな伝統のやきもの中で、多数のぐい呑愛好家がマイぐい呑で伝統の日本酒を楽しんでいますよ~

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

富山立山で息づく越中瀬戸焼!!

3ecs00143ecs0014_13ecs0014_3

富山県立山町には「越中瀬戸焼」があります。名前で想像できますが、16世紀末頃に瀬戸焼の陶工が移り住んで始まったやきもので、最盛期には、120軒ほどの窯元で形成された窯場であったと云われています。今は、瀬戸地区に4軒の窯元が作陶活動しています。 
近くの里山で採れる白土は、鉄分が少なく粒子が細かいので薄くて軽いやきものであることも特徴の一つです。 この注器は、この白土で成形した立山生息する冬の雷鳥をイメージしたつがいの注器です。 仄々した雰囲気が良いですね!
【陶のぐい呑や】https://guinomiya.com

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

能登にある伝統の珠洲焼(石川)!!

3suz00253suz0024IMG_8727
IMG_8722IMG_8721

能登半島の先端近くの珠洲市には、須恵器の流れをくむ焼締めのやきものがあります。 平安時代末期から始まったやきもので還元焼成による燻べ焼の黒色が特徴です。 当時は、日本海沿いに東北、北陸、北海道まで運ばれるほどの大窯業地でした。 16世紀末には、姿を消しましたが、近年、再興されました。 陶芸家育成のために創設された研修所・珠洲市陶芸センターの効果でどんどん若い陶芸家が育っているのを感じますね・・・
「無釉焼締め」、「自然釉被り」、「還元焼成の燻べ焼」が特徴ですが、一見すると単純なやきものに見えますが、中々味わい深い表情があります。 使えば使うほど肌が落ち着いて綺麗になると云われています。 珠洲焼の里にある珠洲焼館では、窯元や陶芸家の作品が展示販売されていますので、お気に入りのものを見つけることができます。
珠洲までは、能登半島を北上することになりますので、走行距離は長いですが、以前、有料だった「のと里山街道」も無料化になっていますので、快適なドライブを楽しめます

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

但馬の小京都・出石(豊岡) !!

IMG_6585IMG_6587IMG_65885IZU0020_15IZU0021_1

但馬の小京都と云われる豊岡市出石町は、何時も観光客で賑わっています。 石(磁石)が出るので出石と云うのだと思いますが、白磁の出石焼のやきものが有名です。国の伝統的工芸品に指定されています。4軒ほどの窯元が活動しています。
ここは、5万八千石の城下町だったところで、出石城の一部が再現され当時の雰囲気が残っているところです。明治初期に建設された日本最古の時計台・辰鼓楼も人気の撮影スポットです・・・
 

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

抜粋

丹波焼の里 春ものがたり!!

IMG_6571IMG_6563IMG_6574IMG_6580

この季節は各地でやきもののイベントが開催されますが、丹波焼の里では、「春ものがたり」が5/3~5/5で開催されていました。 通常の陶器まつりではなく、「開放工房」、「最古の登り窯での焼成公開」などやきものを楽しむイベントになっています。
丹波焼は、約60軒の窯元が伝統的な技法と新規性を追求している歴史あるやきもの里です。 窯元も集中していますので窯元巡りも楽しめますし、全窯元の商品が展示販売されている「窯元横丁」も見所ですよ・・・
画像は、ボランティアと窯元による全長47mの蛇窯(登り窯)焼成と「窯元横丁です。 

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

全国規模のやきものイベントの季節 !!

IMG_4850IMG_4860IMG_4853IMG_4854IMG_4857
2月4日(日)~12日(月)東京ドームでテーブルウエア・フェスティバルが開催されています。 テーマは、「暮らしを彩る器展」です。
やきものの器が中心ですが、塗り物、ガラス物の器や海外のテーブルウエアの展示販売のコーナーやブースが多くなってきているように感じます。 知り合いの窯元さんも常連で出店していますので、お会いするのも楽しみの一つです。
これからの全国規模のやきものイベントは、3月21日(水)から始まる福岡マリンメッセの陶磁器フェアですが、昨年、無くなった名古屋ドームでのイベントは、名前を「やきものワールド」として5月19日(土)から名古屋城で開催されるようです。 全国の窯元が集うやきものイベントは、各地の特徴あるやきものを知ることができますね~

全国の酒器に拘る呑専門の通販店 【陶のぐい呑や】

皇居乾通り一般公開 !

IMG_3607IMG_3628IMG_3635IMG_3661IMG_3668

先日、一般公開されている「皇居乾通り」を歩いてみました。 平日のためかセキュリティーを過ぎると待つこともなく「坂下門」をくぐり、ニュースでよく見る「宮内庁庁舎」を左手に見て蓮池濠と並行する乾通りを直進し、右に「富士見多聞」を見ながら紅葉を楽しみました。 紅葉の最盛期は、過ぎていましたが日常を忘れる良い雰囲気でした。 
途中で右折し西桔橋を渡り常時公開の「皇居東御苑」へ入り広大な芝生広場(昔の江戸城本丸御殿跡)に驚きながら焼け落ちた天守台から都内を眺めました。最後は、大手門から城外へ出ました。 久しぶりによく歩きましたょ!!
御所がある「吹上御苑」は、この「東御苑」よりも広いですから江戸城が如何に大きなお城であったか偲ぶことが出来た貴重な一日でした・・・

全国の酒器に拘る呑専門の通販店 【陶のぐい呑や】