加賀百万石の伝統のやきもの・大樋焼!

3ohi0012IMG_8730IMG_8736

金沢には、江戸初期に京都の楽焼の陶工を招いて始まった加賀百万石のお国焼である大樋焼があります。 大樋の飴釉で知られる茶褐色の暖かい味わいある手作りのやきものです。 
大樋焼本家窯元の近くには、金沢の観光スポットである趣ある土塀の長町武家屋敷と和洋折衷様式の不思議な神門がある尾山神社があります。 相変わらず、外国人観光客が散策を楽しむ姿が目に付きます。 ホテルの新築も進んでいるようです・・・

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

群馬渋川の渋民焼と水沢うどん !!

IMG_7964IMG_79672shi0009

関東には、国の伝統的工芸品に指定されている益子焼(栃木)と笠間焼(茨城)が知らられていますが、その他にも窯里が散在しています。 群馬県渋川の榛名山の麓にある「渋民焼」は、その一つです。 地元の土と独自の釉薬を使った落ち着いた印象のやきものです。
この近辺には、観光スポット「坂東16番霊場水澤観世音」があります。 この門前にある有名な「水沢うどん」も外せないですね~

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

山形の観光地・山寺と平清水焼!

IMG_8102IMG_81031hir0026_1

山形には松尾芭蕉が詠んだ「閑さや岩にしみいる蝉の声」でも有名な山寺(宝珠山 立石寺)があります。 写真の五大堂(左上)までは、小一時間掛かる険しい修行の山です。 「登らなければ味わえない感動・・・」と云われていますが、暑い夏にはきついですね・・・
山形には、歴史がある平清水焼があります。 10年程前には5軒ほどあった窯元も今では2軒となってしまいました。

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

大正ロマン溢れる銀山温泉と上の畑焼!!

IMG_8090IMG_8093IMG_80961kam00081kam0007

山形県尾花沢には、昔、NHK連続ドラマ「おしん」の舞台でも有名になった銀山温泉があります。   ノスタルジックで大正ロマンを感じさせる町並みは、必見ですよ・・・
銀山温泉の手前には、東北では、珍しい磁器の「上の畑焼」があります。 その起源は、江戸時代まで遡るようです・・・

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

全国やきものフェアinみやぎ!

IMG_8074IMG_8076IMG_8077IMG_8079

7/12~7/16仙台で全国やきものフェアinみやぎが開催されました。震災後に始まり7回目にもなりました。人出も多く全国のやきものが楽しめるイベントになってきたような印象です。東北の窯元さんの出店がほとんどなく九州や東海のやきものが多いのは、やや残念ですが、東北の方には、日頃見慣れないものに出会うのは、楽しいかもしれません・・・
東北も14日に梅雨明けし暑い日でしたが、会場を歩き回りお目当てのぐい呑を仕入れてきました。 顔なじみの出展者が多く素通り出来ないので大変なのですが・・・
北海道の食のコーナーは、長い列ができていました。 今年もラーメンを食べそこないました。
 

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

丹波焼の里 春ものがたり!!

IMG_6571IMG_6563IMG_6574IMG_6580

この季節は各地でやきもののイベントが開催されますが、丹波焼の里では、「春ものがたり」が5/3~5/5で開催されていました。 通常の陶器まつりではなく、「開放工房」、「最古の登り窯での焼成公開」などやきものを楽しむイベントになっています。
丹波焼は、約60軒の窯元が伝統的な技法と新規性を追求している歴史あるやきもの里です。 窯元も集中していますので窯元巡りも楽しめますし、全窯元の商品が展示販売されている「窯元横丁」も見所ですよ・・・
画像は、ボランティアと窯元による全長47mの蛇窯(登り窯)焼成と「窯元横丁です。 

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

福岡で開催された全国陶磁器フェア!!

IMG_5719IMG_5715IMG_5714

全国的なやきものフェアで知られている「陶磁器フェア」が3/21(水)~25(日)福岡のマリンメッセで開催されました。 主に西日本の産地からたくさんの窯元や陶芸家が特徴あるやきものを展示販売していました。一度に全国のやきものを見ることができる機会ですので、多くのやきもの好きが来場していました。 
次は、今年初めて名古屋城で開催される5月19日(土)~27日(日)の「やきものワールド」になります。 ここでは、東海地区の産地を中心に東日本の産地のやきものなどが見られますよ!!
【陶のぐい呑や】http://guinomiya.com

全国のやきもの産地にこだわる酒器専門通販店 【陶のぐい呑や】

新東名高速道路で110Km/hの社会実験!

IMG_2394IMG_2400IMG_2387

これ何か分かりますか? 今月から新東名高速の一部区間で始まった110Km/hで走行できる標識です。 一年間の社会実験だそうです。 大型車は、今までと同じですので、変わったとの実感は無かったですね~ 3車線区間の追い越し車線では、問題ありませんが、2車線区間追い越し車線に大型車がいると危ないのでと心配になりますが・・・でも、ようやく最高速度制限も見直され時代になりました。
富士山の冠雪は、この前の台風ですっかり消えていました。 何か物足りない景色ですね~

全国の酒器に拘ったぐい呑専門の通販店 【陶のぐい呑や】

佐渡の無名異焼・朱泥のやきもの !

IMG_7569IMG_8882IMG_7590IMG_88853mum00403mum0029

佐渡には、無名異焼と云う特徴ある朱泥のやきものがあります。 佐渡金山から出る鉄分の多い赤色粘土(無名異土)を高温で焼き上げたやきものです。  以前は、漢方の造血剤とされていたそうです。 今では、佐渡の窯元さんだけが許可を受けて採土ができるそうです。  16程の窯元が作陶活動を続けています。
佐渡金山がある相川地区には、佐渡金山の採掘跡、昭和初期に最盛期であった精錬所跡、佐渡奉行所など江戸時代から現代に至る歴史が感じられるものがたくさん保存されています。 しかひ、未だ世界遺産に登録されていないとのことで不思議な感じがします。  
新潟から海路で渡る不便さはありますが、見どころが多い観光地です。  自分の車で渡るよりはレンターカーを借りた方が、安く済みますよ・・・!

【陶のぐい呑や】店長の運営サイト :
 * 全国の酒器ぐい呑専門の通販店
 * 陶のぐい呑やYahoo店
 * 陶のぐい呑や楽天商店
 * 新・陶の酒器 探索

佐渡の名陶・赤泥の無名異焼!!

IMG_75593MUM00123MUM00173MUM0022
クリックで拡大画像!

新潟には、金山で知られる島の佐渡があります。ここには、金山から産出される鉄分の多い陶土で高温焼成した朱泥の無名異焼があります。 無名異とは、漢方薬に由来し勝海舟により無名異焼と命名されたとの話もあります。 その起源は、西暦1800年までさかのぼります。 平成15年に、五代伊藤赤水は、重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるほどの焼き物の伝統がある「知る人ぞ知る」窯里です。 16の窯元が活動していますが、ほとんどが佐渡の西北に位置する相川地区に集中しています。 無名異焼窯元の作品が一堂に展示販売されている「椿屋陶芸館」(写真)は、是非、訪問したいところです。 
この相川地区には、佐渡金山や佐渡奉行所などの史跡も集中している地区でもあります。 金山は、江戸時代に栄えた印象が強いのですが、昭和まで現役の金鉱で、平成元年に操業停止になったとのことです。 世界遺産の登録へ向けての運動も活発になっています。

【陶のぐい呑や】店長の運営サイト :
 * 全国の酒器ぐい呑専門の通販店
 * 新・陶の酒器 探索
 * 陶のぐい呑やYahoo店